社会人としての品格を醸し出す機械式時計の魅力


社会人は身に着ける物で品格を問われる

近年ではスマートフォンの普及に伴って腕時計を持たないという人も多くなってきてはいますが、街を歩けばおしゃれなカジュアルウォッチを手首に巻いた学生さんなどとすれ違う機会も多く、まだまだファッションアイテムとして根強い人気を誇っていることが窺えます。若いうちは機能よりも見た目を重視し、とにかくお洒落な腕時計や好きなブランドの腕時計を身に着けたいと思うことが多く、自分を表現するための手段の一つという考えの人も多いですが、社会人になると少し事情も変わってきます。自分の身に着けているもので品格を見られてしまうことも多いので、デザインばかりのカジュアルウォッチでは軽薄な人間だと思われてしまったり、特にこだわりのない安物の時計を着けていては安っぽい人間だと思われてしまうこともあります。

大人の品格を演出できる機械式時計

自分の好きな恰好をしたり、身に着けたいものを身に着けるだけでは相手に好印象を与えることができない社会人という立場に身を置いて数年ほど経ち、経済的な余裕も出てきた頃に手を出してみたいのが機械式時計です。デジタルウォッチなどと比べるとステータス性が高く、大人の品格を演出できるのが魅力です。海外メーカーで製造されていることの多い機械式時計は精巧な仕組みで値段はやや高くなるかもしれませんが、着けてみるとスーツによくマッチすることが分かります。自分でねじを巻いたり、着けて歩いていないとすぐに止まってしまうので、毎日腕時計をする習慣ができ、愛着が湧いてくるのも機械式時計を利用するメリットの一つと言えます。

オーデマピゲは、スイスで1875年に創業された世界最高峰の高級時計ブランドです。130年以上もの間インパクトのあるデザインを発信し続けています。スポーツウォッチの「ロイヤル・オーク」というモデルが代表的です。