手入れをしておく事が大切!機械式時計はメンテナンスが必要


機械式時計はデリケート

機械式時計とは非常にデリケートな設計です。デジタル時計や電池式時計とは異なり、振動でネジを巻いて針を動かすオートマティックと言う仕組みですので、中身は細かい設計にされています。そのため、定期的にメンテナンスを行っていない場合には故障の原因となり修理をする必要が生じます。修理費用が高くなり、時計を使えない期間が出てきますので不自由していまいます。機械式時計が故障をする前にしっかりとメンテナンスしておきましょう。

機械式時計のメンテナンスは

機械式時計のメンテナンスはどのような事をしておけば良いのか。そういう疑問があるものですが、素人は下手に触ると故障させてしまいますので簡単な方法しか行う事は出来ません。使用しておくために必要で素人でも出来るメンテナンスは、必ず毎日、時計に振動を与えておく事です。振動がなくなると針が動かなくなりますので、極力身に付けておく事によって機械式時計を長持ちさせる事が出来ます。時計が止まってしまえば修理が必要になる場合もありますので注意して下さい。

メーカーメンテナンスも必要

機械式時計は振動を与えておくだけではメンテナンスとしては不自由です。製造しているメーカーにメンテナンスに出す事によって長持ちさせるためのメンテナンスを受けられるので定期的に預けておくと長持ちさせられます。メーカーの場合にはアフターケアもあり、サポートも充実していますので安心が出来ます。メーカーではない時計屋等にメンテナンスを依頼する時には製品によって断られる事もあり、サポートも充実していない場合がありますので安心感はメーカーが一番です。

ウブロとはスイスの高級時計メーカーです。会社名はフランス語の「舷窓」が由来であり、「異なる素材とアイデアの融合」をコンセプトに、斬新なデザインの時計を制作しています。